現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

レンズ直径(DIA)で探す

シリーズで探す


love
realblack
jewel
popgirl
mystic

シーンで探す


true-eyes
love
celeble
aileen

フチあり・フチなし

度あり・度なし

目にトラブルがあった時は

 

カラコンをつけていて、眼が充血したり痛くなったときの原因と対処方法を説明しましょう。

初めてカラコンを使用した場合は、カラコンに慣れないために眼がカラコンを異物として捉えて、眼が充血したりゴロゴロ感じたりすることがあります。眼が慣れるまでには1週間程度はかかるのが普通です。1週間たってもまだ充血したり痛みを感じたりする場合は、慣れ以外の原因が考えられます。

 

対処方法や注意点について

 

眼に痛みや不快感を感じるときは、次のような原因が考えられます。

 

レンズの状態を確認してみましょう

 

先ず考えられるのは、レンズの装着の仕方です。カラコンを表裏逆に装着していないか、確かめてください。レンズは裏表で形状が異なるため、逆につけてしまっている場合違和感を感じます。

更に、レンズにホコリなどが付着していないか、レンズに傷や破れなどがないかを確認しましょう。傷や破れがなければ、改めて洗浄液でよく洗浄して装着し直してみてください。

それでも痛みや不快感が改善しなければ、レンズのカーブが眼に合っていないなど、ご利用いただいているレンズのサイズが眼に合っていないことが考えられますので、眼科で検診し直すか、カラコンを取り換えてみることが必要です。

 

眼が充血しやすくなっている場合

 

次に1週間以上経っても眼が充血する場合に考えられる原因としては、次のようなことが考えられます。

 

カラコンの装着時間が長すぎる方が増えています。カラコンの装着時間をキチンと守っていますか? 長時間カラコンをつけていた場合は、目に負担がかかりすぎてしまいます。カラコンを外し様子を見てみましょう。

レンズが汚れているために眼が充血する場合もあります。レンズを洗浄液で洗い直し、しっかり消毒して装着してみてください。

その他、ドライアイやアレルギーが原因で眼が充血することも考えられます。装着時間の見直しやレンズの洗浄・消毒でも充血が治らないときは、眼科医に相談しましょう。

 

カラコンの誤った使用によって起きる目への障害

 

カラコンによって生ずる眼の障害・疾患の原因についてまとめてみます。

 

先ず多いのは、装着時間をちゃんと守っていないことから来るものです。つい長時間装着したまま、というケースがよく見られます。装着時間はしっかり意識して守りましょう。カラコンに慣れてからも、一日の装着時間は最大8時間までです。また、カラコンを装着したまま眠ってしまうと角膜が酸素不足になり細胞が酸欠死する恐れがあります。眠るときは必ずカラコンを外しましょう。

 

次には、装着期間です。カラコンにはそれぞれワンデイ・3ヶ月・1年など、装着期間の制限が決まっています。もったいないからとか、不注意から、装着期間を超えて使うことがないよう、使用するカラコンに付いてくる注意書きをよく読んで、装着期間は必ず守ってください。

 

また、カラコンの手入れの仕方が不充分だったり間違っていたりすることが原因で眼に障害を引き起こすことがあります。カラコンのメーカーによって手入れの仕方が微妙に異なっていることがありますし、眼の状態や環境によっても手入れの仕方も変えなければいけない場合もあります。自分勝手な手入れをせずに、注意書きをよく読んだうえで手入れをしましょう。尚、水道水でカラコンを洗浄することはNGです。止めましょう。

カラコンの貸し借りも眼の障害を引き起こすもととなります。絶対に他の人のカラコンを借りて装着することは止めましょう。

 

カラコンは、正しい使用方法と手入れをすれば、決して危険なものではありません。用法や用途を正しく守って、カラコンを上手に使いましょう。