現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

レンズ直径(DIA)で探す

シリーズで探す


love
realblack
jewel
popgirl
mystic

シーンで探す


true-eyes
love
celeble
aileen

フチあり・フチなし

度あり・度なし

2weekカラコンとワンデーカラコンどっちがいい?

ワンデーカラコンと長期装着用カラコンとは、耐久性に大きな違いがあります。ワンデータイプのカラコンは、耐久性はあまり必要としませんので、眼に酸素が取り込みやすい作りになっています。
従って、眼に優しいと言えます。
一方長期装着用のカラコンは、耐久度が高い必要があることからしっかりとした作りになっており、酸素の眼への透過率は低くなります。従って眼への負担は大きいと言えるでしょう。

 

また、ワンデーカラコンは、毎日取り換えますからいつも清潔に保つことができ、眼のトラブルが起きることが少ないと言えます。逆に言うと、ワンデーカラコンは酸素透過率を高めるように特殊な素材を使って含水率を高めていますので、汚れやすくなっています。ですから、何日も使うことなく、一日使用したら必ず捨てて新しいカラコンを使うことが必要です。
長期装着用のカラコンは、使用している内に汚れやタンパク質が付着しやすく、眼の異物感や不快感を感ずることも多いようです。

 

もちろん、正しい方法できちんと手入れし使用すれば、長期装着用カラコンも危険なことはありません。最近は、メーカーも洗浄方法や使い方について説明書できちんと説明していますから、それをよく読んで利用すれば危ないことはありません。コストパフォーマンスも長期装着用の方がよいですね。

カラコンを買う時の悩みの1つとして、ワンデーカラコンにするのか、2weekカラコンにするのか、 いろいろと悩む事も多いと思います。

どのカラコンもそれぞれにメリット、デメリットがあるので、簡単に説明していきますね。

 

■ワンデーカラコンのメリット

基本的には使い捨てなので、一度使用したら処分します。

その為、保存液につけたり、洗浄したりする面倒な手間が省けます。 また、健康面でもメリットがあり、感染症のリスクがグッと減り、目にも安心です。 常に新しいレンズを入れる為、コンタクトの使用環境が清潔に保たれます。 また、コンタクトをなくすという心配からも解放されます。

 

■ワンデーカラコンのデメリット

その他のカラーコンタクトに比べ、頻繁に買い換えるためのコストがかかります。

その為、健康面での不安がある方や、コンタクトのお手入れが面倒な方にオススメです。

 

■買い替え時

ワンデーの場合、使い捨てなので、買い替え時というのはありません。

少しくらいなら大丈夫と言う理由で、コンタクトを捨てずに翌日も使用したり する事は、目へのリスクが高まりますので、絶対にやめましょう。

 

■2weekカラコンのメリット

コンタクトは長期使用する事で、汚れが蓄積されていきますが、2ウィークの場合、 蓄積される前に処分する事となるので、比較的清潔なまま使用する事ができます。 また、1枚あたりのコストも1dayに比べ安く抑えられます。

 

■2weekカラコンのデメリット

コストはワンデーより安く抑えられますが、その分保存液を使用したり、 消毒をしたり、専用のケースを購入して持ち歩いたりと、手間が増えます。 ですが、最近はカラコンケースもかわいくデコってある物も販売されており、 そういった部分で楽しめる人には向いていると言えます。

 

■カラコン買い替え時

どれだけ念入りに手入れをしたとしても、目に見えない汚れなどが付着していきます。 その為、2週間を目安に交換する事にしましょう。

2週間を過ぎてしまうと完全に使えないかというと、そういうわけでもありません。なので、そのまま使い続ける方も少なくありません。

しかし、目に見えない傷やタンパク、細菌等は決して目に良いものではありません。目をいたわって、使用期限は守りましょう。、

カラーコンタクトの種類にはそれぞれに長所、短所がありますので、 実際にいろいろ使用して、つけ心地や手入れの仕方など、 いろいろ比較して自分にあったカラコンを探してみて下さいね。