現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

レンズ直径(DIA)で探す

シリーズで探す


love
realblack
jewel
popgirl
mystic

シーンで探す


true-eyes
love
celeble
aileen

フチあり・フチなし

度あり・度なし

フチあり・フチなし?

 

カラコンと言っても、色だけでなくデザインの豊富さも今では当たり前となりました。

さまざまな機能を持つ商品の種類と、それらを表す用語も、各メーカーで独自に名づけることもあります。

消費者間で使われる通称(あだ名)などがあり、特にカラコンを使い始めのうちは、専門用語などの情報をまとめるだけでも大変なことだと思われます。

 

たとえばカラコンの中でも最も人気のある、通称「デカ目」カラコンですが、メーカーごとの名前の違いは別として、一般には「フチあり」(デカ目)、「フチなし」と表現されることが多いかと思います。

「デカ目」という表現は、あくまで俗称(スラング)となります。

 

では、どうしてデカ目カラコンを「フチあり」と呼ぶことが多いかというと、デカ目カラコンの場合は彩色された瞳部分の外側(外周部分)において、より瞳の直径を大きく見せるよう塗られた状態になっています。

このフチ部分が、外から見た時に本来の瞳を一回り以上大きく見せることから、デカ目効果が得られるというわけです。

 

このことから、デカ目カラコンは「フチあり」、色のみの変化を楽しむデカ目効果のないものは「フチなし」と分類しているのです。

ショップやメーカーの広告に「デカ目」という表現がない場合、「フチあり」「フチなし」という記載を探せば、まずこの種の記載はあるはずです。

なお、"瞳を大きく見せる”などと、そのままの記載をしている販売店もありますので、覚えておくと良いかも知れません。