現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

レンズ直径(DIA)で探す

シリーズで探す


love
realblack
jewel
popgirl
mystic

シーンで探す


true-eyes
love
celeble
aileen

フチあり・フチなし

度あり・度なし

ブルーのカラコン楽しみ方

 

普段は、ブラックやブラウンのナチュラル系を使っている方も、お休みの日にはちょっと冒険してみませんか? ブルーのカラコンの楽しみ方についてお話します。

 

薄くて、吸い込まれるようなブルーの瞳って、私たち日本人には憧れですよね。いまやブルーのカラコンを使うだけで、欧米人風の瞳は手に入れることが出来ます。でも、ブルーのカラコンを使うだけでは、日本人の顔立ちではブルーの瞳だけが浮いてしまい、コスプレのように見えることもあります。青い瞳に似合う、外国人風の彫り深メイクをしちゃいましょう。

 

ブルー系カラコンで作るハーフ顔メイク。

 

ブルー系カラコンを着用するなら、彫りを深く見せる事が最重要です。

ハーフ系に見せるには力を入れたいのがアイメイク。ハーフ系アイメイクをする際に意識的に取り入れたいポイントをご紹介していきます。

 

ブルーカラコンのメイクポイント

 

ここからはブルーカラコンに似合うメイクをご紹介します。

 

 

■眉は太めを意識して

欧米の方には眉と瞳の間が、比較的狭い傾向にあります。あまりアイホールが広いと、彫りの深い欧米人とは程遠くのっぺりとした印象になってしまいます。それではカラコンが浮いて見えてしまいますね。いつもよりも気持ち太めに、眉を書くようにしましょう。仕上げにブラシでぼかすことで自然になじみます。なお、カラーは髪の色に合わせるか、ワントーン明るめだとなお◎。

 

■くっきり二重

もとから、くっきりとした二重の人はそのままでもよいですが、一重や奥二重の人はアイプチやアイテープなどを使って、二重のラインを強調させましょう。欧米の人は骨格が違うためか、一重の方は見かけません。くっきり二重がハーフっぽさのポイントですから手を抜かず、しっかりアピールしましょう。

 

■アイホール全体を使ったグラデーション

アイカラーは、まぶた全体を使ったグラデーションで彫りを強調しましょう。おススメのカラーはブルーの反対の色のライトゴールド~ブラウンのグラデーション。ゴールドのアイカラーをアイホール全体に広げ、ブラウン系のアイカラーを使ってグラデーションを作っていきます。下まぶたにも、ゴールドの濃淡で印象を深めましょう。ノーズシャドーも忘れずに入れて下さいね。濃く入れすぎないように注意です!

 

■跳ね上げアイライン

アイラインはあまり太く引かないこと。自然な彫りの深さの印象を持たせるためにも、細めのラインをまつ毛ギリギリに引くようにしましょう。最後に、目じりで跳ね上げると一段とハーフアイっぽくなります。

 

■長さを強調したまつ毛

ブルーのカラコンなどの色素の薄い瞳に似合うハーフ系メイクには、ふさふさのボリュームの多いまつ毛よりも、スッと長さのあるまつ毛の方が似合います。マスカラやつけまつ毛を選ぶときに意識してください。下まつ毛は強調しすぎず、つけまつ毛よりも自まつ毛にマスカラを少しつける程度が良いでしょう。

 

■チークとリップのカラーは揃えて

カラコンの色合いを強調するためにも、色数は減らした方が良いです。ハーフっぽさをより強調するカラーはオレンジ系のチーク&リップがおすすめ。ブルーグレーカラーのロシア系のハーフを目指すなら、明るいピンクも似合います。

 

 

ブルーカラコンは学校やオフィスでの使用は難しいですが、パーティやイベントなどの華やかな場所では、周りの人の視線を釘付けにするほどの魅力を持っています。ブルーのカラコンに似合うメイクのポイントをしっかり押さえて、ハーフ顔を手に入れちゃいましょう。